神奈川県厚木市の法律事務所。本厚木駅北口から徒歩2分。遺言・相続、借金整理、個人再生、過払い金返還請求、交通事故等

logo 相模川法律事務所
費用 相談予約

フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】

弁護士石井

TOP
事務所概要
所属弁護士
取扱い業務
弁護士費用
アクセス・予約
借金相談資料
対応地域
お客様の声
ケース紹介
リンク

事務所

相模川法律事務所
代表者:弁護士石井琢磨
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
    雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。



ケース紹介

不貞相手に対する慰謝料請求ケース

不倫、不貞行為による慰謝料請求の相談を受けることは多いです。

請求する側からの相談もあれば、請求された不貞相手側からの相談もあります。

 

今回のケースは、請求側の相談。

夫からの相談を受け、妻の不貞相手(男性)に対して請求したものです。

このような請求の相談も頻繁にあります。

 

慰謝料請求では、多くの場合、裁判所で認められる金額よりも多めの請求を最初にはします。

詳しくは割愛しますが、その方が、最終的な回収額が多くなる確率が高いからです。

今回の請求では、当初の請求額を500万円としました。

このあたりの額に設定することが非常に多いです。請求される側からの相談でも同じように感じます。

 

これに対して、相手方が弁護士をつけたので、弁護士間での交渉となりました。

その結果、200万円の回収と、他に希望する誓約条項等をつけた合意ができるに至りました。

 

請求相手にまともな弁護士がつくと、いわゆる相場的な金額での解決になりやすくなります。

このあたりの請求額、回収額になるケースはけっこうあります。

 

妻の不貞で相談に来る夫の場合、怒りよりも裏切られたことに対するショックが強い人が多いです。

 



相模川法律事務所TOP