神奈川県厚木市の法律事務所。本厚木駅北口から徒歩2分。遺言・相続、借金整理、個人再生、過払い金返還請求、交通事故等

logo 相模川法律事務所
費用 相談予約

フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】

弁護士石井

TOP
事務所概要
所属弁護士
取扱い業務
弁護士費用
アクセス・予約
借金相談資料
対応地域
お客様の声
ケース紹介
リンク

事務所

相模川法律事務所
代表者:弁護士石井琢磨
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
    雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。



遺言

自筆証書遺言

自分で書く遺言です。

「遺言書」と明記します。


○ 最低限守らなければならないルールとして以下のものがあります。

  • 全文を自分の手で書きます。
  • 日付を書きます。
  • 署名押印をします。
    →実印があれば実印、なければ銀行印、なければ普段使っている印鑑。

○ 守った方が良いルール

  • 2枚以上の場合には、契印。
  • ・封筒に入れる場合、「遺言書在中」と書き、日付、氏名を書き、遺言書と同じ印鑑で押印しておきましょう。「開封厳禁」という記載や、検認をしなければいけないことも書いておくと良いです。

○ 遺言を書き間違えた場合

訂正方法は厳しく決められています。訂正方法を間違えてしまうと、あとで問題になる場合もあります。書き直した方が良いです。


遺留分に配慮

妻、子、親などには、最低限相続を受けられる遺留分があります。

遺言の際には、なるべく遺留分に配慮しましょう。

遺留分の対象となる相続財産の額は、
相続開始時に持っていた財産の価格に、贈与した財産の価格を加算します。通常は、相続開始前の1年間に行われたものを加算します(ただし、遺留分を害することを知ってなされた贈与や、相続人に対する生前贈与が特別受益に当たる場合には、時期に関係なく対象になります)。


他の配慮事由

相続税がかかる場合には、各相続人の納税資金にも配慮しておく必要があります。


相模川法律事務所TOP